お金に余裕がない人に向けた介護用品のレンタル

身体が不自由な場合に役立つ介護用品

病気や高齢により身体が不自由になると、介護用品が必要になります。身体の状態によって必要となる介護用品に違いがありますが、主だって役立つものをご紹介します。
まず歩行に問題がある場合は、車いすや杖などの介護用品が役立ちます。車いすは自走用と介護用の二種類があり、自分で手を使って動かせる人の場合は自走式が良いかもしれません。杖は一般的な一本杖の他、より安定感がある4点杖などもありますから、歩行の状態で選ぶことが可能です。身体が不自由な場合は、歩行により転びやすい状態と言えます。つまずきにくい構造の靴もありますから、ぜひ検討したい介護用品です。高齢の方などは、歩行を助ける歩行器も役立つでしょう。
身体の状態によっては、スムーズに起き上がれないケースも少なくありません。そんな時は、起き上がりの補助装置が役立つでしょう。例えばベッドサイドに置く手すりや、ソファなどの近くに置く起き上がりバーなどがあります。
そして体が不自由な場合には、トイレや入浴でも役立つ介護用品があります。安定感があり座りやすい高さが確保できる入浴椅子、部屋でも用がたせるポータブルトイレなどがその一例です。身体が不自由になっても、このような介護用品を上手に利用すれば自分で行えることも増えるため、生活の質を高めるためにも検討をおすすめします。

介護用品の探し方

両親や祖父母など、身近な人で介護が必要になると最初は要領が分からず困ってしまうことも多いかと思います。必要となる介護用品も、どんなものが良いのか迷うかも知れませんね。そもそも介護用品は、どこで購入したらよいのか分からないかもしれません。おむつなどの消耗品や杖などの介護用品などは、ドラッグストアやホームセンターなどで販売されているものもあります。また使い捨ての介護エプロンやお尻拭きなどは、100円ショップの介護用品コーナーで購入することも可能です。
しかし手が不自由な人が使いやすいお箸や介護用の入浴椅子など、より専門的な介護用品が必要になることもあります。そんな時は、街にある介護用品の専門店を訪ねてみると良いでしょう。インターネットが使える場合は、介護用品専門店の通販が便利です。車椅子や介護ベッドなどの大型のものから、手が不自由な方のお箸などの小型のものまで介護用品なら何でも幅広く揃っており、介護される方にも介護する方にも便利な用品を探すことが可能です。
介護用品の種類によっては、介護保険で補助してもらえるケースがあります。また介護用品をレンタルできるケースもあります。いずれも介護申請を行って認定を受けた後に、ケアマネージャーさんに相談して決める形になります。