リハビリも介護用品の充実も両方大事

介護用品を利用して負担の軽減を

在宅での介護は本当に大変な事も多いものです。子育てとは違い卒業が見えない為、日々の介護に疲れはててしまうという話もとても多く耳にしていると思います。けれど介護される側も行う側も介護用品を上手に利用する事で、お互いの心身の負担をかなり軽減する事ができます。まず家の中の必要な部分に手すりがあるのが良いとされていますが、大掛かりな工事は自費の負担も出てくる事も多く厳しいという方も多いと思います。
そのような場合でも簡単に取り付けや取り外しが可能な物もあり、風呂場やベッド等様々な場所に利用できます。また、麻痺や握力等の問題で食事の介助が必要とされる方でも強く握る必要のない手にセットするようなスプーン等もあり、介護される側は自分で食べられる喜びを味わえますし介護する側の負担が減りお互いにとって良いことだと思います。そして寝たきりの方の介護で大変なのがオムツ交換だと思います。
オムツも毎回大きなカバータイプの物を交換すると交換の時間もかかりますし、費用の負担も大きくなります。病院や施設等では尿とりパットと呼ばれる物を使用して尿の時はパットの交換だけで簡単に済ませる場合が多いです。大きめのパットを使用すれば便の時もカバーを汚さずに済む事も多く、交換回数を減らし費用を抑える事が可能になります。介護と上手に付き合って行く為には様々な物を上手く利用してお互いの負担を減らす事が大切です。

介護用品をうまく活用するポイント

私たちの暮らす社会は、ますます高齢化の一途をたどっています。その中で、介護が必要になった場合に、利用可能な社会資源についてしっかりと理解しておくことが大切になると考えられます。例えば、介護用品を例に挙げてみましょう。介護用品とひとくちに言っても、車椅子や介護用オムツ、ポータブルトイレなど、様々なものがありますから、どの介護用品が自分たちに必要なのか検討することが大切になると考えられます。
インターネットや、各種カタログなどから情報収集すると良いかもしれません。また、介護用品、福祉用具によっては一定の条件を満たすことによって、貸与が可能になるものもあるので、購入にするか貸与にするかを考えてみることも大切になると考えられます。
もちろん、介護用品を活用する以外にも、住環境の改善や、しっかりリハビリテーションをするなど、よりよい暮らしにするために必要な取り組みはたくさんありますから、それぞれのバランスをうまくとることが大切です。以上のように、介護用品をうまく活用することによって、介護が必要になっても、その人らしく暮らすことが可能になり得ます。しっかりと自分たちに必要な介護用品を見定めることが大切です。